RSS Feed

Runebergintorttu:ルーネベリタルト

2013/02/05 by jama

2月5日に食べるお菓子、ルーネベリタルト。
名前はタルトだけど実際はマフィンのような感じで、アーモンドと数種類のスパイス、そして仕上げのラム酒が香る、
ずっしりとヘビーなお菓子(笑)

「ルーネベリ」は人の名前で、フィンランド国歌の作詞をした詩人。彼の誕生日にちなんで2月5日にこのタルトを食べる習慣になったそうで、それは彼がこのお菓子が大好きだったから、という由来だとか。
Processed with VSCOcam with g3 preset

*材料*(マフィンカップ8個分)
バター 100g
砂糖  80g
卵  1個
アーモンドパウダー  60g
牛乳  30g
アーモンドオイル  少々
(A)
パン粉  30g
三温糖   20g
ジンジャーパウダー 少々(なくても可)
カルダモン   少々(なくても可)
シナモン    少々(なくても可)
(B)
小麦粉  70g
ベーキングパウダー 1/2小

仕上げ用
ラム酒
粉糖
ラズベリージャム

*下準備*
材料をすべて計量し、バター、卵、牛乳は室温に戻しておく
(A)を合わせておく
(B)を合わせてふるっておく

*作り方*
1.泡立て機でバターを練り混ぜ、クリーム状にする
2.砂糖を2度に分けて加え、よくすり混ぜる
3.卵を少量ずつ加え都度よく混ぜる
4.牛乳を少量ずつ加え都度よく混ぜる。分離しやすいので注意
5.アーモンドエッセンスを加える
6.アーモンドパウダーを加え混ぜる
7.(A)を加え、へらで均一になるように混ぜる
8.(B)を加え、ざっくりと混ぜる
9.オーブンを180度に余熱する
10.生地を搾り出し袋に入れ、マフィン型に絞りだす。
11.余熱したオーブンで180度で15分。
一度様子を見て時間を追加する。表面に割れ目が入らないように注意
12.冷めたら型からはずし、刷毛で側面にラム酒を塗る
13.粉糖に少量の水を加えアイシングを作り、タルトに◯を描く
14.真ん中にジャムをのせて、完成

余ったジンジャーブレッドクッキーを砕いて入れるレシピもポピュラーらしいです。
なのでこのレシピのようにパン粉で作る場合のスパイス類は、ジンジャーブレッドのレシピを参考にしつつ、好みで増減しましょう。

ラム酒はホワイトラムを使ったけど、ダークも合いそう。ノンアルコールにしたい場合、りんごジュースを代わりに塗るというレシピを見たことがあって試したけど、私的にはいまいちだったな。。

ちなみにフィンランドの陶器ブランド「アラビア」からはルーネベリタルトをモチーフにしたデザインが出ていて。そんなに国民的なお菓子なんだなあ、と感心すると同時に、この柄が日本人から見ると鉄火巻きにしか見えず(笑)見るたびににやけてしまうのです。


コメントはまだありません »

No comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です